投稿日:

成果の出る集客アイディア&ツールでビジネスをバックアップ!

収益アップにつながる集客は、企業や店舗を運営する上で重視しなければならない大切な要素です。しかし、「どうやって集客したらいいのか分からない」、「ポスティングやティッシュ配りなどをしてみたが効果が上がらない」といった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、集客を成功させるためのスタンスやポイントを解説。併せて、効果の高い集客のアイディア、ツールなどをご紹介します。

 

成果に結びつく集客

「集客」は、文字通りの意味なら「お客さまを集めること」。しかし、ただお客さまを集めるだけでは収益にはなりません。集客を成果に結びつけるために留意すべき点や方法論をご紹介します。

 

そもそも集客とは

多くの人は、企業・店舗の商品やサービスに興味を持ったとしても、すぐに購入するわけではなく、他社の商品やサービスと比較し、さまざまな情報を吟味したあとで購入に至ります。集客の際にお客さまの心に響く情報がなければ、その商品・サービスは選ばれません。つまり、集客にあたって本当に大切なのは、自社の商品・サービスの魅力を知ってもらうことなのです。

 

そのためには、短期的な集客を目的にするのではなく、よい評判や口コミが広がるように長期的なスパンでお客さまにアプローチしていくことが必要です。お客さまの注目を集め、リピーターになってもらい、自社のブランディングを行うという3つの要素が揃ってこそ、本当の意味での集客の成功と言えるでしょう。

 

プランニングのポイント

ポスティングやティッシュ配りも集客の一つの手段ですが、ありきたりの集客方法をありきたりの形で行うだけでは、他社・他店との差別化は図れません。お客さまに、より確実にリーチするためのポイントを見ていきましょう。

 

1.ターゲットを絞り込む

不特定多数のターゲットにPRするのではなく、最も顧客になってほしい層に絞り込んだPRを行います。広告は基本的には無視されるものです。しかし、特定の地域や年齢、ニーズに合わせたメッセージを掲載すると、そのターゲット層が高い確率で広告を見てくれます。人は皆、自分のことに最も関心がありますから「これは私に向けたメッセージなの?」と思った時点で広告を無視できなくなります。

 

2.ターゲットが興味を持つものを用意する

集客にはプレゼントも有効です。しかし、ターゲットが興味を持たないものをプレゼントにしたのでは意味がありません。例えば小さなお子さんがいる家庭に、子供が喜びそうなものや子育てに役立つちょっとしたグッズを用意すれば、高価なものでなくとも関心を持ってもらえます。

 

3.流行しているものに便乗する

人は流行しているものやキーワードにひきつけられます。例えば「インスタ映え」。かわいい、インパクトがあるといった画像ほど拡散されやすくなります。インスタ映えしそうな商品を作る、あるいは中身は同じでもパッケージを変えるなどの工夫によって注目度を高められるはずです。

 

4.季節イベントを活用する

クリスマスやハロウィン、入学式・卒業式――誰もが知っている季節行事には自然に関心が集まります。そのイベントに絡めたフェアの開催やノベルティの配布などを行えば、目につきやすく集客に効果的です。

 

集客に効く、オススメのプラン

 

集客のやり方やツールにはさまざまなタイプのものがあります。その中からいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

 

SNS

SNSの強味は、ユーザーが登録している情報や行動履歴をもとに正確なターゲティングができることです。さらに、リーチ数が多く拡散性も強いので、SNSで自社の商品・サービスを上手くアピールできれば効果抜群。

 

また、インパクトのあるノベルティなどを作成・配布することで、多くの人がその話題をSNSに投稿し、高いマーケティング効果を得るといったケースもあります。代表的なSNSの特徴をまとめました。

 

Facebook

実名登録を原則としていて、年齢、住んでいる地域、興味のあるコンテンツなど、ユーザー情報が細かく設定されているため、精度の高いターゲティングが可能です。ユーザーは30~40代が多く、ビジネス目的で利用されるほか、主婦にもよく使われています。Facebook広告は出稿費用が安く済むので、まずは試しに広告を出してみるという使い方もできます。

 

Instagram

Facebookと同様に詳細なターゲット設定ができ、既存顧客と似たユーザーを探し出して広告を表示させることも可能です。女性ユーザーが多いので、ビジュアルの良い商品は特に響きます。Instagram広告にはいくつかの形態がありますが、全画面表示でスライドショーのような形で画像を投稿できるストーリーズ広告が人気です。

 

Twitter

漫画やアニメ好きの学生、若手社員などのユーザーが多く、お金をかけない手軽な広告が響きます。Twitterでは、投稿のつぶやきのキーワードに向けてターゲティングできるため、商品・サービスに興味を持ちそうな人に発信できます。また、リツイートによる2次拡散も期待できます。大規模なキャンペーンや割引クーポン発行などさまざまな利用法があるツールです。

 

LINE

国内アクティブユーザー数が8400万人を超える最大のSNS。幅広い層が利用しているため、さまざまな年代にリーチすることが可能です。LINE公式アカウントと連携して友だち追加広告配信や類似配信を行うことができ、トークリストやタイムラインのほか、「LINE NEWS」や「LINEマンガ」に代表されるファミリーサービスにも配信できます。

 

TikTok

最近急成長しているのが、ショートムービーSNSのTikTokです。現在のユーザーは20代以下が中心ですが、今後は年齢層が広がるとの予測もあります。TikTok広告には、アプリ起動時に画面全体に表示される訴求力の高い「起動画面広告」、コンテンツとして受け入れられやすいタイアップ広告「#チャレンジ」、年齢ターゲティングもできる「インフィード広告」の3種類があります。

 

オンラインサロン

オンラインサロンは、専門的な知識やスキルを持つ実業家やタレントがWEBやSNS上で運営する有料会員制コミュティ。近年利用者が増え、コロナ禍で一層注目が集まっています。主なサービス内容は、主催者が投稿する投資、ビジネス、美容、料理、ヨガなどのコンテンツと、会員同士の交流で、自社の事業に関連したコンテンツを提供することで商品・サービスのPRやブランディングに役立ちます。加えて、会費収入が得られるため、安定的にサロンを運営できます。

 

季節イベント

四季それぞれに、集客に活用できる行事があります。

  • 春/ 新生活応援フェア、母の日・父の日プレゼント
  • 夏/ジューンブライドフェア、浴衣来店キャンペーン、名入りうちわの配布
  • 秋/敬老の日キャンペーン、ハロウィン
  • 冬/クリスマス、お年玉抽選会、新成人応援フェア、バレンタイン・ホワイトデー

各行事にちなんだ割引キャンペーン、プチプレゼントやクーポン券の配布などでお客さまの気持ちをつかみましょう。

 

集客プランを成功させる秘訣

最後に、集客プランを成功させるための注意点やフォローアップについて簡単にまとめます。

 

複数の手法を組み合わせる

同じターゲット層の中でも個人差があるため、一つのプランだけに頼っていてはリーチできない人もいます。例えば折り込みチラシを配布しても、新聞を取っていない人には効果がありません。ターゲットのライフスタイルや行動パターンを詳しく想定し、複数の手法を組み合わせてアプローチすることが重要です。

 

リピーターを増やす工夫をする

お客さまがお店などを再訪しない大きな理由は「お店のことを忘れているから」。新規顧客にリピーターになってもらうには、お店のことを忘れないうちに再訪してもらうか、お店のことを思い出すようなアクションを取らなければなりません。次回使えるクーポンを渡す、開催予定のイベントの案内をする、プチギフトなどの記憶に残るサプライズを演出する、リピーター限定のサービスを提供するといった工夫でリピーターを増やしましょう。

 

お客さまの記憶に残るノベルティに「おかしプリント」

 

新規顧客を集め、さらにリピーターになってもらうには、お客さまの記憶に残るような演出をすることが重要です。イベントでノベルティを配る、来店の際にプチギフトを渡すといった方法も有効ですが、ありきたりの商品では、他社・他店との差別化が図れません。

 

「おかしプリント」なら、他にはないオリジナルパッケージのお菓子を作ることができ、自社・自店を強く印象づけられます。バレンタインやハロウィンイベントのプレゼント、福引抽選会の景品などにもうってつけ。インパクトのあるパッケージを目にしたお客さまがSNSなどで拡散すれば、さらに大きな効果が生まれます。

 

 

 

オリジナルの食品ノベルティならおかしプリント

チラシやティッシュ、ボールペンではもうお客様の興味をひくことが難しい・・・そう気づいていませんか? 知名度バツグンのお菓子をお渡しすることで、お客様の心を開き会話が生まれ長く印象に残ります!