事例25|自社らしさを表現する特別なツール

自社らしさを表現する特別なツール

【商品】オリジナルカレ・ド・ショコラ

【時期】2019年2月

【用途】お客様へのノベルティ

freee株式会社

2012年7月設立以来「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションとし、クラウド型会計ソフトfreeeを皮切りに、中小企業を中心とした法人・個人事業主向けの人事労務や会社設立支援と、スモールビジネスのバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスを開発・提供し、成長を続けていらっしゃいます。そんなfreee様に今回おかしプリントのオリジナルカレ・ド・ショコラをご採用頂きました。また、その際のきっかけや反響、効果についてお話を伺ってきました。

 [お話を伺った方] ■freee株式会社 パートナー事業本部 カスタマーサクセス マネージャー 久永優介様 カスタマーサクセス マネージャー 西村綾乃様

〇事業内容

久永様 我々freeeは、【スモールビジネスを世界の主役に】というものを掲げて活動を行っております。 日本には数多くの中小企業があり、それらが日本を支えているのですが、その中小企業の生産性がまだまだ世界の先進諸国に比べて低いという現状があります。 われわれはAIやITの力をもとに、バックオフィスのクラウド会計のツールを使って、日本の中小企業を支えるといった形で活動を行っております。

〇具体的には・・・

久永様 日本ではfreeeを利用している事業者数が百万事業所を突破しておりまして、それらを支える上で必要な存在になっている会計事務所の方や税理士事務所の方向けの導入支援を行っております。 freeeを使っていて分からないことがあったり、あるいは新しい機能がリリースされたときに、定期的に訪問したりビデオ会議を行うことでその疑問点を解消して、新しい機能の使い方やその活かし方をちゃんと我々からお伝えするように活動を行っております。

freeeが広がるきっかけに

〇おかしプリントの採用理由

西村様 もともと会計事務所様の繁忙期の時期に、お菓子や栄養ドリンクをお渡しするという企画を2年前ぐらいからやらせていただいてるのですが、今年はなにかちょっとfreeeらしい面白いことがしたいなと思って、おかしプリントを提案頂いたというところがきっかけです。

〇おかしプリントの採用効果

西村様 会計事務所様からは非常に喜んでいただいておりまして、会計事務所様の中にfreeeを広めていただくきっかけにもなりました。社内に関しても、他のチームの者から「それかわいいね頂戴」という形でコミュニケーションがあったり、社内社外問わず皆さんに大変喜んでいただきました。

今後も年間を通じて色々なシーンで活用していきたい

〇今後の利用用途

久永様 今回はバレンタインの時期だったり、会計事務所の方が繁忙期の時期にノベルティを活用させていただいたので、今後はそれ以外の時期でも夏場であったりとか秋口であったりとかいろんなシーンで活用していきたいなと思っています。

 

freee株式会社様 https://corp.freee.co.jp/

この事例・商品について問合せる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

;